いろいろなダンスについての知識

いろいろなダンスについての知識

HOME カーヴィダンス ヒップホップダンス HOW TO DANCE STREET 運営者 ブログ


ダンスには、色々なジャンルがありますが、その垣根は低くなっているのは事実です。

大まかにわけて、クラシックバレエ、社交ダンス、ジャズダンス、ストリートダンス、エアロビクスダンスなどがあり、また民族舞踊などもあります。

ダンスがうまくなりたいなら、どの分野でも「基礎」のトレーニングを積むことが大事になります。
クラシックバレエには「基礎となる5つのポジション」があり、それを体に叩き込むことや、アンドゥオールという「体を外へ向かって開くこと」が大切になりますので、その訓練を積むことが必要になります。

ジャズダンスやストリートダンスの場合でも、基本となるストレッチを行い、体の柔軟性を高めることが必要ですし、ステップと動作を一致させること(サイドステップといわれれば、反射的にサイドステップができる、というように)が、初めは必要となります。

「新しい振り付けをどんどん憶える」というのは、基礎が出来上がってからのことになります。

最近は、「子どもにダンスを習わせる」というご家庭も増えています。
成長過程にある子どもの体に、無理な負荷をかけると、成長を妨げることもあります。

そのため、子どもの年齢にあわせたレッスンを行ってくれるバレエスクール・ダンススクールなどを選び、気長に通わせるほうが、将来のためになります。

また「クラシックバレエを、大人になってから始めても上達しない」という考えがありましたが、現在は大人向けのバレエスクールもあります。



[本サイトは下記のスポンサー様の広告にて運営されています]

無駄毛のお手入れで困っていませんか?
脱毛器具

ソーラー発電の専門用語を50音で説明
ソーラー発電